Objet d' art

Pierre Jeanneret -Chairs for Chandigarh-

Pierre Jeanneret -Chairs for Chandigarh-

Objet d' artが以前から収集を続けてきた、インドのチャンディーガル都市計画の中でピエール・ジャンヌレに寄ってデザインされた作品群。そのコレクションを一堂に公開いたします。
今回は希少なヴィンテージ作品、主に椅子に関しまして、様々な種類を展示いたします。
都市計画の中でのプロダクトで、膨大な物量を製作する必要があるため、ジャンヌレは、現地インドの幾つかの工房の職人たちにデザインと大まかなアドバイスをし、
彼らによって手作業で製作されました。
そのため、製品には個体差があり、中には同じモデルの作品でも本屋美術館でよく目にするものとは随分印象が異なるものもございます。
Objet d' artでは、それもまたジャンヌレのチャンディーガルシリーズの魅力と捉えております。
一つ一つに個性があり、手作業の温かみを感じられる素晴らしい作品群、様々な種類を一堂にご覧いただくこの機会を、是非お楽しみいただけましたら幸いです。

********************************************************************************************************************************************************************世界中の貴重なヴィンテージやデザイナーズ家具、アート作品などを取り扱う日本発のデザイン ギャラリー「Object d' art(オブジェデアート)」は、1117日(金)から26日(日)までの間、建築家ピエール・ジャンヌレの代名詞"チャンディーガル"シリーズの椅子と机を一堂に会した展覧会 を開催します。

ピエール・ジャンヌレは、建築界の巨匠ル・コルビジェの従兄弟。 事務所をともに立ち上げ、協働したコルビジェの重要なパートナーとして知られています。 彼は、1950年代はじめ、コルビジェとともにインド北部・パンジャム地方の新都市(チャンディーガ ル)計画に参加。途中コルビジェがプロジェクトを離脱したのちもチーフアーキテクトとして、チャン ディーガルの都市空間から建築物、家具までを総合的にデザインすることに挑み、それを実現させま した。

今回展示するのは、ジャンヌレがその都市計画で生み出した家具シリーズ。 洗練された近代的なデザイン性とインドの工芸的アプローチの融合から、デザイン史において高く評 価されている名シリーズです。

この制作において、ジャンヌレは、チーク材やラタン(藤)など地元にある素材、シンプルな設計、 製造方法を取り入れ、当時工業化が進んでいなかった現地の工房職人たちと共創しました。バリエー ションが多く、刻印やサインなどに個体差が生じているのは、いかに多くの職人が、ジャンヌレの家 具を一緒に製作したかという証です。その家具の奥に宿る、ジャンヌレのコラボラティブな精神や、 それを通じて地方創生を実現するイノベーティブな意識は、単なる造形美を超え、ものづくりの豊か な可能性を見るものに伝えるでしょう。

会場では、オフィスチェアを含む椅子13脚とテーブル2台を、ジャンヌレが現地に構えた邸宅の一室 をなぞらえた空間で展示します。彼が人生をかけてものづくりを推進した場のムードや息づかいを想 像しながら、稀代の建築家、ジャンヌレの真髄をお楽しみください。

 

【ピエール・ジャンヌレ】 1896年、スイス生まれ。従兄弟である建築家ル・コルビジェと共に事務所を構え、建築史に残る 多くの作品を共創。一時期、コルビジェとは袂を分かちますが、1950年代はじめに、インド・パ

ンジャム地方政府がコルビジェに依頼したチャンディーガル都市計画をきっかけに、再度コラボレー ト。コルビジェが帰国後も、ジャンヌレはプロジェクトに従事。闘病のためスイスに戻るまでの約 19年間、現地に滞在し、インドの近現代建築やデザインシーンに大きな影響を与えました。"チャ ンディーガル"シリーズの家具は、世界の名だたる博物館にもコレクションされており、インド政府 も保存活動を推進。特に、近年は、その貴重性、希少性から、ヴィンテージ市場でも大きな注目を 集めています。

【オブジェデアート】 インテリアのスタイリングやディレクション、オリジナル家具・什器の設計などを手がけるデザイ ンユニット「アーケオロジー」。2013年、そのオリジナルブランドのひとつである「オブジェダー ト」は、デザイナーズを中心とした希少なアンティーク家具や日本人作家の器、絵画などを取り扱 い、特別なライフスタイルを提案。20176月には、家具のショールームとアートギャラリーを兼 ね備えた、日本発のデザインギャラリーとして、東京・江戸川区小松川にスペースを設けました。 http://archeologie.jp/objet/ 

 

**********************************
Pierre Jeanneret
-Chairs for Chandigarh- [Exhibition Period] : 11/17(fri)-26(sun)
[Adress] de choix
3F Minamiaoyama 7-11-4, Minato-ku Tokyo, Japan
http://archeologie.jp/dechoix/

Open11:00-Close19:00
**********************************

 1208画像のみ表(変換後)(変換後).jpg

画像のみ裏(変換後)(変換後).jpg_MG_1939 1118(変換後).jpg_MG_1934 1118(変換後).jpg_MG_1935 1118(変換後).jpg_MG_1927 1118(変換後).jpg_MG_1932(変換後).jpg_MG_1929(変換後).jpg_MG_1926(変換後).jpg_MG_19481122(変換後).jpg